美肌効果について

そんな乾燥を防ぐコスメの中でも、最近注目を集めているのが、保湿力に優れたトレハロースを配合したものです。
天然の糖質の一種で、化粧水などに配合することで、高い保湿効果を発揮するといわれています。
生命の糖とも呼ばれ、酵母や海藻類などに多く含まれている成分で、化粧品以外にも、食品や薬品など様々な分野で使われています。
食べ物にも使われる成分ですから、化粧品として使用するのも安心ですよね。
そんなトレハロースは、肌がひどい乾燥状態になったときに、大きな保湿効果を発揮するといわれています。
干しシイタケが水に浸けると元に戻るのも、この成分が関係していると言われているほどです。
また、炎症を抑える効果もあると言われていますから、敏感肌で悩まされている方にもお勧めの成分ですね。
良質な成分をしっかり含んだ化粧品を使って、お肌を潤いで満たし、刺激に負けない強い肌を作り出しましょう!
美しい肌は、目鼻立ち以上に、その人の見た目に影響すると言われています。

血液サラサラ効果について

人間が、健康な生活を続けていく上で大切なのは、体にとって、良い成分を摂取することは勿論ですが、体中を駆け巡っている血液を滞らせず、順調に、サラサラと流れていくようにすることが必要です。現代は食に関しても、欲しくて求めるものは、何でもあるような時代であり、そのために過食をしたり、美味しいものばかりを食することに慣れてしまい、自分の健康が後回しになってしまいます。その結果のように、実に多くの人達が、生活習慣病で体調を壊し、病院への通院を余儀なくされているのです。脳卒中にでもありますと、起き上った生活さえ、出来なくなる恐れが出てきます。脂肪分を取り過ぎて、コレステロールを溜めてしまったり、糖分や塩分を取り過ぎる生活も、後で大変な持病を抱えることとなります。血管の中が詰り、その結果、動脈硬化や心筋梗塞といった、重大な病気を引き起こしやすくなります。そのために、体を巡っている血液は、常にスムーズな流れが要求されることになります。日常の生活の中で、自分で行える健康法も多々あり、予防したり、或は既になってしまった人も、それ以上重症になることを防ぐ意味において、毎日の生活に取り入れて、自分の健康意識を、高めていく必要があります。

便秘解消効果について

便秘が続くと、お腹がはるだけではなく、肌荒れや吹き出ものが出るなど肌の調子が悪くなったり、血行が悪くなり、腰痛や肩こりが起こることもあります。
また、便秘は、大腸がんの原因になるとも言われており、その他にも動脈硬化や糖尿病などの原因になることもあると言われています。
便秘を解消するためには、まず、食生活を見直してみましょう。
毎日の食事に、食物繊維を多く含む食物を多く取り入れると良いと言われています。
食物繊維には、排便を促進し、体の中にたまった有害物質を排出する働きがあります。
そのため、食物繊維を含む食物を食事に取り入れると便秘解消につながるのです。
それでは、食物繊維を含む食物には、どのようなものがあるのでしょうか。
食物繊維が多いものとしては、ごぼうやほうれん草、かぼちゃ、ブロッコリーなどの野菜やバナナやいちご、りんごなどの果物、えのきなどキノコ類などが挙げられています。
また、食物繊維には、水溶性と不溶性の食物繊維があります。
便秘を解消するためには、この両方の食物繊維を摂ることが重要だと言われています。
食事に上手く食物繊維を取り入れて、便秘を解消しましょう。

体脂肪の蓄積を防ぐ効果について

成人病といっても周囲に患者がいなければその脅威を身近に感じる事はできないかもしれません。その場合は精肉店に出かけてみることをお薦めします。そしてガラス越しに肉のかたまり1kgがどれほど大きいかを見てくるのです。おそらくその大きさに驚かれることでしょう。そして連想を進めて、自分の過体重1kgあたりそのかたまりが1コ、赤味ではなく白い脂肪として体内に存在していると考えてみるのです。

とにかく脂肪は体内に溜まりやすいように出来ています。例えばタンパク質や炭水化物ですら、1回の食事で吸収できる上限があって、過剰分は全て脂肪になってしまうのです。したがってかなり意識的に健康管理をしないといけません。運動面では有酸素運動をします。朝食前に30分ウォーキングをしたり自転車の運転をすれば効果的です。このタイミングでは血中・筋組織中の糖が少ないので、運動開始から20分経過した辺りから体内の脂肪をエネルギーとして燃焼させることができます。食事に関しては糖分や脂肪分の少ない食材を選ぶべきです。様々に効用のある食材はあり、注目されています。

そのなかでエノキダケに注目してみます。キトグルカンという成分が多く含まれて、内々のコレステロールや中性脂肪を下げる働きをします。そもそもキノコはカロリーゼロですから、非常にお勧めです。

内臓脂肪を減らす効果について

えのきたけには、βグルカン等の成分が多く含まれていますが、これらの成分には脂肪の吸収の抑制作用があります。この、脂肪の吸収抑制作用とは体内に脂肪として吸収される前に、便として排出してくれるという作用で、えのきだけの成分のキノコキトサンという成分がもっともこの作用に働いています。また、えのきだけにはキャベツの2倍もの食物繊維が含まれていて、中性脂肪分酵素を活性化して、内臓脂肪を減少させる効果を持つエノキタケリノール酸も含まれています。これには、脂肪の燃焼を促進させる効果もあるとされています。また、豊富に含まれる食物繊維には血糖値が急激に上昇するのを防ぐ効果もあり、それによって、インシュリンの分泌を抑え脂肪の蓄積を防ぐ働きをします。それと、食物繊維には便秘を改善する効果もあります。キノコの食物繊維は難溶性と言って他の一般的な水溶性の食物繊維よりも、腸に留まりやすい性質があります。腸はこの固い食物繊維を分解するために活動が活発になり、それが刺激となって便通を良くしてくれます。腸の環境が良くなると、体脂肪の減少にも効果が現れそれによって血液中の脂質も低下していき、冷え性や肌荒れの改善にもつながるとも言えます。

どんな料理にも入れて大丈夫?

どんな料理にも入れて大丈夫です。お味噌汁などの汁ものや肉じゃが・筑前煮などの煮物・丼もの・カレーなどにも入れても大丈夫です。摂取量は1日3個が理想になります。ジュースやお茶に入れても大丈夫です。だしとして何にでも合うので調理しやすいです。エノキダケは昔から体にいいことがわかっていて、低カロリーで血液中のコレステロールや中性脂肪の値を下げる作用があるので、生活習慣病の予防や改善効果があります。血糖値が急激に上昇することを防ぐ作用もあるので、糖尿病の改善に良い食べ物になります。エノキダケにはキノコキトサンが多く含んでいます。キノコキトサンは、摂取した油分を約50パーセントの吸収をカットしたり、脂肪を燃焼させる作用もあるので、ダイエット効果があります。食物繊維も多く含んでいるので、便通改善の効果もあります。エノキダケをそのまま大量に摂取することは難しいので、ペースト状にして冷凍保存にすると多く摂取できます。ペースト状にするとキノコキトサンの吸収率がアップします。エノキダケにはトレハロースも多く含んでいるので美肌効果があります。手軽に無理なく摂取できて、健康にも良くダイエット効果もあるのでおすすめです。

成功するポイントについて

逆にあまりにも少なすぎると今度はエネルギー不足になって疲れやすくなってしまったり、栄養不足からいろいろな病気につながってしまいます。
多すぎず、少なすぎずというところから、体重を減らすことができる食べる量を探っていくのがよいでしょう。
お米やパンをたくさん食べている場合は、一部を他の食材に置き換えて食べることで量を調整してきましょう。
炭水化物を減らすことで同じ量食べても太りにくいケースが多いです。
ヘルシーな食材を炭水化物に変わって食べることで、しっかりとした満腹感を得ながら、体重も減らしていくことができます。
炭水化物を減らせば急激に体重が落ちますが、少なすぎると健康まで害してしまいますから、ちょうどよい量を自分で探してみましょう。
体の調子を見ながら場合によっては詳しい方のアドバイスを受けながら調整してきましょう。
体重を減らすことだけではなくて、こころと体のコンディションはどうか、計算してみて各種ビタミンなどが一日に必要な栄養素はしっかりと摂れているか、ということを考えながらダイエットしていくことが成功のポイントです。

ダイエット効果について

エノキタケは低カロリーで食物繊維が豊富なのでダイエットや健康によいと言われています。最近、体内のコレステロールや中性脂肪を低下させる作用があるキノコキトサンが多く含まれていることが注目されています。この成分は膨張して腸内をコーティングすることで脂肪分の吸収を抑えたり、食事に含まれる脂肪を包み込んで排泄を促すと言われています。また、このキトサンに含まれるβ-グルカンは余分な体内脂肪を燃焼する働きがあると言われています、。
とは言え、毎日エノキタケを食べるのは飽きてしまいます。そこで手軽にエノキタケのいい成分を取ることができるのが、エノキタケをミキサーでペースト状にして煮出して凍らせたエノキ氷です。
作り方は簡単です。300グラムのエノキの石づき部分を切り落として、ざく切りにし、水400mlと一緒に30秒くらいミキサーにかけてペースト状にします。それを 鍋に移して焦げないように弱火で60分混ぜながら煮詰め、あら熱を取ったら、製氷機に流し込んで、冷凍庫で凍らせるだけ。だし代わりとして、味噌汁、煮物、炊き込みご飯等の調理の際に入れて使うことができます。
食物繊維を摂ることができるうえに、脂肪の吸収を抑えることができるという、一石二鳥でダイエットに適した嬉しい食材です。

上手な作り方

作り方は、えのきをペースト状にして、一時間ほど煮込むだけです。
材料はエノキタケ300から400グラム、水400から500ミリリットルです。(煮詰めるのでそれほど厳密でなくてかまいません。400ミリリットルは約コップ二杯です。)
えのきは石づきの部分を切り落とし、三分の一くらいにざく切りします。
えのきは洗わなくても大丈夫ですが、気になる方は切る前に軽く洗って下さい。
切ったえのきと水をミキサー(フードプロセッサー)に入れて、ペースト状にします。
30秒程かければ、ペーストになります。
出来たえのきペーストを鍋に入れ、火にかけます。沸騰してきたら火を弱め、一時間ほど煮込みます。
焦げやすいので、時々木べら等で鍋底をこそげるようにかきまぜながら、焦がさないように煮込んでください。
ホイップクリームのようにとろりとしてきたら火を止めて、あら熱をとります。
あら熱がとれたら、大きめの製氷皿にうつし、冷凍庫で凍らせれば完成です。
保存出来る期間は二ヶ月間くらいです。
えのきの量も、水の量も目安として考えて下さい。それほど厳密に量を守る必要はありません。
そのまま食べても良いですし、だしとしても使えます。
もし、栄養価をさらに増やしたい場合は、えのきをペーストにする前に、太陽に少しあててください。
ビタミンD2が増えます。